牛革靴のメンテナンスについて

牛革靴のメンテナンス

牛革の特徴と種類について

革と言えば牛革。革靴だけではなく多くの革製品が牛革で作られています。
革全体の輸入量のうち牛革はその80%以上も占めているそうです。。しかし、同じ牛革でも種類があり、性別や年齢、なめしや加工法などによって全く異なる商品となります。そんな牛革の種類ごとの特徴をご説明します。

●牛革の種類
・ボックスカーフ(クロム鞣し))
・アニリンカーフ
・オイルトレザー(オイル鞣し)
・クロムエクセル(混合鞣し)
・ガラスレザー
・エナメルレザー(パテントレザー)
・ヌメ革(タンニン鞣し)

それぞれの革の特徴とメンテナンス方法

■ボックスカーフ
肌理の細かい美しい光沢が特徴。
生後3〜6か月の仔牛の皮をクロム鞣しによって製革されたものです。
クロム鞣しで仕上げられていますので大変安定した革質でケア方法も基本的なものです。

<メンテナンス方法>
1.ホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。
2.クロスにステインリムーバーを取り、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
3.乳化性クリームを靴全体に馴染ませ、ブラシで磨きながら塗り込んでいきます。      
4.最後にブラッシングで取りきれなかった余分なクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上げます。 
ボックスカーフの透明感が活きてきます。

■アニリンカーフ
アニリンカーフとは、アニリン仕上げが施されたカーフのこと。
原皮の銀面の模様を効果的に浮き出させ、透明に仕上げされるので、原皮そのもののよし悪しがストレートに出るのが特徴。

<メンテナンス方法>
1.ホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。

2.クロスにステインリムーバーを取り、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
※アニリン染めは特に色が抜けやすい為、ある程度履き込んで色が定着するまではステインリムーバーを使用すると汚れと同時に染めた色も取れてしまう事が有ります。
そこで、染料の定着を高める効果と表面の汚れを軽く落とす効果があるアニリンカーフクリームを使用することもあります。

3.染料が定着している場合は乳化性クリームで。定着していない場合はアニリンカーフクリームで靴全体に馴染ませ、ブラシで磨きながら塗り込んでいきます。      

4.最後にブラッシングで取りきれなかった余分なクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上げます。

■オイルドレザー
耐水性に優れているので雨にも強く、やわらかい質感が特徴。
油分が多い革ためホコリや汚れがつきやすいので、メンテナンスをすることで汚れの浸透や劣化を防ぐことができます。

<メンテナンス方法>
1.ホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。

2.クロスにステインリムーバーを取り、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
※クロスに色が付きます。これが表面やシワの間に残っているオイルや汚れです。靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

3.ここで当店では、マスタングペーストで栄養補給します。
クリームを靴全体に広げブラッシングし、余分なクリームを取り除いていきます。

4.最後にブラッシングで取りきれなかった余分なクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上げます。
メンテナンス後は、革に油分がしっかりと戻り、自然な光沢感やオイルドレザーの持つ独特な雰囲気が出てきます。皮革の寿命も格段に延びます。

■クロムエクセル
ホーウィンレザー社が作るクロムエクセルは100年以上変わらない製法で生産されるオイルドレザー。
「タンニン鞣し」と「クロム鞣し」を組み合わせた「コンビ鞣し」という方法でオイルを浸透させたのがクロムエクセル。
クロムエクセルは油分が多く、しっとりとした質感や重厚感が特徴で、こなれるのが早く、長年使い込んだような風合いをすぐにでも楽しめるのも魅力。
傷や打ち傷がつきやすいため、ブラッシングなどマメな手入れが必要で、色落ち、色抜けが早い。
ヴィンテージ風に仕上げるにはオイル。透明感のある光沢感を活かしたい時は乳化性クリームを使ってメンテナンスします。

■ガラスレザー
なめした牛革をガラスや板に貼りつけ乾燥させ、合成樹脂で仕上げた革のことです。
耐水性と強い光沢感が特徴。
靴クリーム等が浸透しない為、キズ補修しにくい革です。

<メンテナンス方法>
1.ホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。

2.クロスにステインリムーバーを取り、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
※クロスに色が付きます。これが表面やシワの間に残っているオイルや汚れです。靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

3.ここで、当店ではコードバンクリームを使用します。
クリームをクロスで靴全体に広げながら磨き込みます。さらにブラシで磨きながら塗り込んでいきます。      

4.最後にブラッシングで取りきれなかった余分なクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上げます。
磨き上げた後は、従来の光沢感が戻り、ピカピカになります。

■エナメルレザー(パテントレザー)
光沢のよく出るウレタンなどの樹脂塗料を表面にコートして仕上げた革。
ヒビ割れしやすく、割れたら元に戻らないので注意深いケアが必要です。

<メンテナンス方法>
1.やわらかい布などで表面のホコリや汚れなどを落とします。
2.パテントレザー専用クリームで丁寧に全体をなじませます。
3.丁寧に乾拭きをするとパテントレザー本来の光沢がよみがえります。

■タンニン鞣し(ヌメ革)
革本来の色合いが楽しめ、型崩れしにくく丈夫。さらに染料の吸収もよいことが特徴。
エイジングと呼ばれる経年変化が楽しめるため、使えば使うほど色や表面の状態が変化し、革製品に味が出る。

<メンテナンス方法>
1.ホースブラシでブラッシングして表面のホコリや泥などを落とします。
2.クロスにステインリムーバーを取り、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
3.1909シュプリームクリームデラックスで栄養補給。革靴全体に馴染ませブラッシングで磨き上げます。      
4.最後にブラッシングで取りきれなかった余分なクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上げます。