クラフトシャイン

履き込んだ革靴や汚れた革靴を洗います

靴の丸洗い

革靴を洗うという事のメリット

人の体はお風呂に入らないとベタついたり、臭くなったりするので、大半の方はお風呂で体を洗います。
靴も動物の皮ですから、洗わないのでワックスだけ塗るのはシミや汚れを閉じこめ、溜め込んでいることになります。

どんな靴でも履いていれば、ホコリや水汚れ、油汚れなどで黒く汚れてしまいます。
雨が原因でシミなどができ、汚れることもあります。
また、革靴の中で蒸れた足の汗は、革が吸収して滞留していますので、それが靴の汚れやにおいの原因になります。
特に、雨などに濡れると靴の表面が白く粉を吹いたみたいになる俗にいう塩吹きは、
製革行程で残った塩分や発汗によって蓄積された塩分や脂分、または保革成分として使用された油脂が雨水によって溶け出すことによってできるのです。
いったん塩吹きになるとなかなか取れません。
靴クリームをその上から塗ると余計に汚れを閉じこめ、革を痛める結果となります。

「革靴は水に弱い」といいますが、革には一定量の水分と油分が必要です。
むしろ乾燥の方が革にとってダメージを与えます。

革靴を洗うということは人がお風呂に入るのと一緒で、革靴をリフレッシュするようなものです。
蓄積した汗や汚れや臭い、塗り重ねてきたクリームなどをきれいに取り除くにもってこいです。
適切な洗い方と知識があればなんの問題もありません。

縮みや型崩れの心配について

過去の経験から、水洗い後に縮みや型崩れをしたことはありません。

そもそも皮から革にするなめしという過程で水を使用していますし、革にも適度な水分が必要で相性が悪いわけではありません。
雨などで濡れたまま革靴を放置すると、水分と一緒に革内部に含まれる油分も揮発します。
結果、油分が抜け、革が硬くなったり、部分的に油分が固まって色が濃くなってしまいます。

だから水に弱いと思われがちですが、濡れた後にきちんと処置をしてあげれば、全く問題ありません。

水洗いクリーニングは、専用洗剤で隅々まで洗います。
洗い後には、水分の吸収とともに、型崩れ防止のために新聞紙をつめます。靴の先までパンパンに張るくらいしっかりとつめます。
半乾きくらいで、シューツリーに替え、デリケートクリームを入れて潤いと劣化防止、革にハリを与えます。
結果、型崩れや縮みもなく、むしろちょっとしたしわが伸びてリフレッシュされます。
もし、履き心地が変わっても、ちょっと履くとすぐに馴染んでもとに戻るはずです。

牛革を洗う

1.クリーナーで汚れを落とす。
洗う前に、汚れを落とすことで、クリーニングがより効果的になります。

2.革靴を水を浸透させます。
これは、革を水によくなじませ、革の内部まで洗剤が浸透するようにするためです。

3.スポンジでアッパーから靴内部、ソールまで均一に洗います。
すると、汚れ古くなった靴クリームなどが水に浮き出てきます。

4.洗剤を洗い流します。

5.その後は、新聞紙を詰め型を整形し、日の当たらない風通し良い場所で、靴の内外共に十分乾くまで陰干しをします。

6.半乾きくらいのところで靴に合ったシューキーパー入れ替えます。

7.このタイミングで、デリケートクリームを靴全体に塗り込みなじませます。
デリケートクリームは、皮革繊維の奥深くまで浸透し、革に柔軟性と保湿与えてくれます。

8.レザーソールの場合は、レザーソールにもレザーソール専用クリームで栄養補給をします。
レザーソールは、「水分」や「油分」などで保湿されることで削れにくくなり耐久性が向上します
レザーソール専用クリームはとても浸透性が良く、乾燥した状態で直接使用するとレザーソールに吸い込まれてしまい全体に馴染ませるのが大変だからです。

9.コバ磨きと補色。
コバに栄養補給のクリームと補色、最後にポリッシングで整えます。

10.乾燥後、靴全体を確認しながら、靴全体に栄養補給の乳化性クリームを万弁なく塗り込みブラッシング。
色褪せがある場合は、補色用の乳化性クリームを塗り込みブラッシングします。

11.最後は、ご要望次第で油性クリームを使ってツヤをだしたり、ハイシャイン磨きで鏡のようにピカピカにします。

ホースバットを洗う

1.クリーナーで汚れを落とす。
洗う前に、汚れを落とすことで、クリーニングがより効果的になります。

2.革靴を水を浸透させます。
これは、革を水によくなじませ、革の内部まで洗剤が浸透するようにするためです。

3.スポンジでアッパーから靴内部、ソールまで均一に洗います。
すると、汚れ古くなった靴クリームなどが水に浮き出てきます。

4.洗剤を洗い流します。

5.その後は、新聞紙を詰め型を整形し、日の当たらない風通し良い場所で、靴の内外共に十分乾くまで陰干しをします。

6.半乾きくらいのところで靴に合ったシューキーパー入れ替えます。

7.このタイミングで、デリケートクリームを靴全体に塗り込みなじませます。
デリケートクリームは、皮革繊維の奥深くまで浸透し、革に柔軟性と保湿与えてくれます。

8.レザーソールの場合は、レザーソールにもレザーソール専用クリームで栄養補給をします。
レザーソールは、「水分」や「油分」などで保湿されることで削れにくくなり耐久性が向上します
レザーソール専用クリームはとても浸透性が良く、乾燥した状態で直接使用するとレザーソールに吸い込まれてしまい全体に馴染ませるのが大変だからです。

9.コバ磨きと補色。
コバに栄養補給のクリームと補色、最後にポリッシングで整えます。

10.乾燥後、靴全体を確認しながら、靴全体に栄養補給の乳化性クリームを万弁なく塗り込みブラッシング。
乳化性クリームは、革に最も適した栄養分を奥深くまで染込ませ、乾燥や水分などのダメージから守ります。
この段階で、十分なツヤや味が出てくるので、後はお客様のお好みホースバットの風合いを出していきます。

コードバンを洗う

1.クリーナーで汚れを落とす。
洗う前に、汚れを落とすことで、クリーニングがより効果的になります。

2.革靴を水を浸透させます。
これは、革を水によくなじませ、革の内部まで洗剤が浸透するようにするためです。

3.スポンジでアッパーから靴内部、ソールまで均一に洗います。
すると、汚れ古くなった靴クリームなどが水に浮き出てきます。

4.洗剤を洗い流します。

5.その後は、新聞紙を詰め型を整形し、日の当たらない風通し良い場所で、靴の内外共に十分乾くまで陰干しをします。

6.半乾きくらいのところで靴に合ったシューキーパー入れ替えます。

7.このタイミングで、デリケートクリームを靴全体に塗り込みなじませます。
デリケートクリームは、皮革繊維の奥深くまで浸透し、革に柔軟性と保湿与えてくれます。

8.レザーソールの場合は、レザーソールにもレザーソール専用クリームで栄養補給をします。
レザーソールは、「水分」や「油分」などで保湿されることで削れにくくなり耐久性が向上します
レザーソール専用クリームはとても浸透性が良く、乾燥した状態で直接使用するとレザーソールに吸い込まれてしまい全体に馴染ませるのが大変だからです。

9.コバ磨きと補色。
コバに栄養補給のクリームと補色、最後にポリッシングで整えます。

10.乾燥後、靴全体を確認しながら、靴全体に栄養補給のコードバン専用クリームを万弁なく塗り込みブラッシング。
色褪せがある場合は、補色用のコードバン専用クリームを塗り込みブラッシングします。

11.コードバンの場合は、履き皺の毛羽立ちを寝かせていきます。
毛羽立ちを寝かせてはブラッシング、毛羽立ちを寝かせてはブラッシングを繰り返します。
この段階で、コードバン独特のツヤが戻ってきます。

12.さらに光沢を必要とする場合は、ここらからワックスを使用して、さらに磨き上げ光沢を出していきます。

スエード・ヌバックを洗う

1.まず、ブラッシングして埃を取ります。
汚れの加減によっては、真鍮ブラシやゴムクリーナーでできる限り汚れを落とします。

2.スエード全体を濡らします。
まんべんなく、均一に奥までしっかり水が行き届くようにします。

3.スポンジにスエードシャンプーをよく泡立ててアッパーからソールまで均一に洗います。
すると、汚れが浮き出てきます。
もちろん、アッパーだけでなく、内側も一緒に洗います。

4.スエードシャンプーを軽く洗い流します。

5.その後は、新聞紙を詰め型を整形し、日の当たらない風通し良い場所で、靴の内外共に十分乾くまで陰干しをします。

6.半乾きくらいのところで靴に合ったシューキーパー入れ替えます。

7.十分乾燥させた後で、スエードに栄養補給、色あせがある場合は、補色効果もある栄養スプレーをします。
栄養スプレーに防水効果があればいいですが、無い場合は、仕上げに防水スプレーをして軽くブラッシングで仕上がりです。