ホースハイド、コードバンの磨きについて

馬革の磨き

馬革の特徴と種類

馬と牛の繊維組織自体はよく似ていますが、馬は牛と違って運動量が格段に多いので、余分な脂肪が少ないので皮が薄く、軽くて柔らかい革になります。
牛革に比べて厚みや強靱性でやや劣ります(コードバン以外)が、柔軟性では優れています。

●馬革の種類
 ・コードバン
 ・ホースハイド
 ・ポニー革

それぞれの革の特徴とメンテナンス方法

馬革の磨き

▼コードバン
『革の王様』として名高い、希少皮革のコードバンの特徴は、
牛革の2〜3倍の強度を持ち、表面はキメの細かい繊維がむき出しになっているので独特の光沢感を持ちしっとりとした質感がある。
キズやシミ、汚れにも強いので長く使えるほか、使えば使うほど独特の光沢がでて味わい深くなるので一生ものとして楽しむことができます。

<メンテナンス方法> 

1.シューツリーを入れ、履き皺を伸ばし、型を整える

2.ホコリ落とし
靴には目に見えない汚れやホコリが付着している為、ブラシで一方向へブラッシングし、全体のホコリを落とします。
汚れやホコリのたまりやすい縫い目やアッパーとウエルトの境目も入念に行います。

3.汚れ落とし
クリーナーを使い、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

4.革に栄養を与えます。
コードバンクリームを少量ウェスに取り、アッパー全体に円を描きながら数回に分けて薄く延ばすように塗り、数分放置後、少量の水を含ませたウェスで更に薄く伸ばしす。
塗りムラをなくし革に馴染んだらホースヘアブラシでブラッシングします。
傷や色あせがある場合は、色のあったクリームを使い、補色し目立ちにくくします。

5.艶出し。
最後に仕上げとして、クリームと同様の手順でワックスをなじませます。
仕上げにキメ細やかなポリッシングクロスで磨き上げるとコードバン独特の光沢がでます。

▼ホースハイド
美しい光沢となめらかな手触りが特徴で、持ったときに心地よく手に馴染みます。
牛革よりも強く丈夫でキズが付きにくい

<メンテナンス方法> 

1.シューツリーを入れ、履き皺を伸ばし、型を整える

2.ホコリ落とし
靴には目に見えない汚れやホコリが付着している為、ブラシで一方向へブラッシングし、全体のホコリを落とします。
汚れやホコリのたまりやすい縫い目やアッパーとウエルトの境目も入念に行います。

3.汚れ落とし
クリーナーを使い、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

4.革に栄養を与えます。
マスタングペーストを少量ウェスに取り、アッパー全体に円を描きながら数回に分けて薄く延ばすように塗り、革になじむようにすり込みます。
革に馴染んだらホースヘアブラシでブラッシングします。

5.艶出し。
最後に仕上げとして、マスタングペーストと同様の手順でワックスをなじませます。
仕上げにキメ細やかなポリッシングクロスで磨き上げ光沢を出します。

▼ポニー革
ポニー革とは、その名の通り小型の馬で知られるポニー種から作られる馬革です。
軽くて柔らかく手触りがよいのに加え、摩擦に強く通気性があります。
特に軽さは他の革よりも優れていて、牛革の半分くらいの重さしかありません。

<メンテナンス方法> 

1.シューツリーを入れ、履き皺を伸ばし、型を整える

2.ホコリ落とし
靴には目に見えない汚れやホコリが付着している為、ブラシで一方向へブラッシングし、全体のホコリを落とします。
汚れやホコリのたまりやすい縫い目やアッパーとウエルトの境目も入念に行います。

3.汚れ落とし
クリーナーを使い、靴にしみこんだ汚れや汗を浮かび上がらせてふき取ります。
靴の表面のオイル分や汚れが取れて、光沢感がなくなり落ち着いた雰囲気になります。

4.革に栄養を与えます。
マスタングペーストを少量ウェスに取り、アッパー全体に円を描きながら数回に分けて薄く延ばすように塗り、革になじむようにすり込みます。
革に馴染んだらホースヘアブラシでブラッシングします。

5.艶出し。
最後に仕上げとして、マスタングペーストと同様の手順でワックスをなじませます。
仕上げにキメ細やかなポリッシングクロスで磨き上げ光沢を出します。