GIORGIO ARMANIカーフレザー(プレーントゥ)の靴磨き

GIORGIO ARMANIのカーフレザー(プレーントゥ)の靴磨き。
ほぼノーメンテナンスな革靴のため、乾燥したガサガサな状態。
靴紐を外し、シューツリーを入れて皺伸ばしからスタート。
クリーナーで汚れ落とし後、デリケートクリームと乳化性クリームで保革。
革にクリームを良く馴染ませ、浸透したのを確認し、豚毛ブラシでブラッシング。
最後はワックスでツヤ出しで完了。
トゥは、鏡面仕上げ。

関連記事

  1. ティンバーランド(ヌバック)の水洗いとメンテナンス

  2. 【番外編】鞄磨き(補色と保革)

  3. リーガルのグレインレザーの靴磨き

  4. 牛革(ステア)のストレートチップの丸洗いと磨き

  5. J.M.WESTON180ローファー(カーフレザー)の靴磨き…

  6. カーフ(ストレートチップ)のプレメンテナンスと鏡面仕上げ