キップレザープレーントゥ(メダリオン)の革靴の磨き、メンテナンス

キップレザーのプレーントゥ。
トゥは、銀面が剝げ地が出てる状態。
2年ほど履いているようで、2年間ノーメンテナンス。

もともとは↓こんな靴だったようです。

まずは、クリーナーで、雨染みや擦れてついた傷汚れなどを落としからスタート。
2年間分の汚れ落としなので、何度も何度も時間をかけて繰り返しします。
そして、すっぴん状態にします。

汚れ落としをして、銀面が痛んでいるところや傷をケアします。

デリケートクリームと乳化性クリームで保革と補色です。

ブラッシングでクリームを馴染ませ、さらに磨き込みます。

最後にワックスでツヤ出し。
今回は、トゥの部分を色濃く鏡面に仕上げました。

関連記事

  1. Alden56201の靴磨きメンテナンス

  2. オールデン54420NATORIYA別注Vチップカーフの靴磨…

  3. フェラガモローファーのカビ取りと靴磨き

  4. カートジェイガーの修理と水洗いと靴磨き

  5. オールデン、カーフの傷補修

  6. UNITED ARROWSローファーの靴磨きとかかと修理