ビジネスシューズのクリーニング

ビジネスシューズのクリーニング。

ビジネスシューズは、ビジネスマンの靴ですから、晴れの日も雨の日も天候選ばずにこき使われるのが宿命です。
革靴は、外側は革の毛穴を通じて水汚れや油汚れを吸収してしまいシミや汚れが付着してしまいます。
内側は、足の汗を吸収し水分や菌を溜め込みます。
そして、革靴は汚れと菌の巣窟となり、シミや臭いの元となります。

今回のビジネスシューズは、つま先が雨に濡れてしまい、革に含まれる油分が部分的に溜まってしまい、乾く際にその油分が残って凸凹してしまう「銀浮」という症状がありました。
また、濡れて乾く際に革に含まれる塩分が浮き出てしまい、濡れたところと濡れてないところの境目が白くなっていました。俗にいう塩拭きです。
そのため、今回は、革靴全体をリセットする意味合いで水洗いすることにしました。

当店の水洗いクリーニングは、オゾン水を利用して行います。
オゾン水は、殺菌力が強く油汚れの分解力はありますので、革に溜まった汚れや細菌をキレイにするのに最適な水です。

オゾン水クリーニングは、
ブラッシングでホコリを払い、クリーナーで落とせる汚れは落とします。
オゾン水を革靴全体に均等に染み込ませ、革専用洗剤で汚れを落とします。
革専用のモイスチャーとオゾン水ですすぎ、乾いた後に革が硬くならないようにします。

乾燥は、オゾンガスの乾燥機を使って、革を形成しながら乾燥します。

乾燥後、革に栄養補給します。
今回は、モウブレイのクリームナチュラーレを使って栄養補給と艶出しをして仕上げました。

モウブレイのクリームナチュラーレは、天然成分100%の靴クリームです。
革への浸透性がよく柔軟性が得られるほか、自然なツヤが出てくれます。

仕上げに、つま先とかかとにワックスでツヤを出しておきました。

関連記事

  1. カーフ(ストレートチップ)のメンテナンス

  2. スエード靴の水洗い・メンテナンス

  3. カーフ(ストレートチップ)のプレメンテナンス

  4. カーフ(ストレートチップ)のプレメンテナンスと鏡面仕上げ