JOHN LOBBのシューシャイン

ジョンロブ・グロブナーのメンテナンスのご依頼をいただきました。

所々シミがあるものの、革がとてもしなやかでとても良い状態でした。
驚いたのが、20年以上も前に購入されて履かれているとのこと!
20年経過してもこの状態を保てていることに感銘を受けました。

シューレースを外して、クリーナーでスッピン状態にします。
革の毛穴に詰まった古いクリームやワックス、蓄積した汚れをクリーナーで除去します。
新しい油分を入れる下準備です。

シミのあるところは、部分的にシミ抜き処置を行います。
あまりやり過ぎると色が抜けてしまうので、少しづつ様子を見ながら進めていきます。

保革剤を入れた後、今回は、M.MOWBRAY のロイヤルシュークリームで仕上げます。
ロイヤルシュークリームは水性染料のクリームで、着色力があり革本来のツヤを引き出して自然な仕上がりにしてくれます。

お客様のご要望でワックスは軽くとのことでしたので、つま先に傷予防も含め薄くワックス仕上げで完了です。

今回のご依頼は、靴メンテナンスとしてシューシャインコースとなります。
料金 2,200円(税込)
作業時間 2時間

関連記事

  1. ストレートチップ(カーフ)の革靴の靴磨き

  2. フェラガモ チャッカブーツ(スエード)のメンテナンス

  3. アルフレッドバニスター(ドレープブーツ)の靴磨き

  4. レッドウイングブーツのコバの手入れ方法

  5. Alden56201の靴磨きメンテナンス

  6. ショセ・ナチュラルコードバンの靴磨き