レッドウイング875 クリーニング

レッドウイング875丸洗い

レッドウイングのクリーニング

全体的にシミが多く、年数も経過しているためどこまで落とせるか分かりませんでしたが、ある程度は目立たなくすることができました。

ブーツは秋冬に履く機会が多く、シーズンが終わるとどうしても手入れが後回しになりがちです。
片付ける前、履く前に手入れをすることで、ブーツの状態はずっと良くなります。

レッドウイングはオイルドレザーでオイル不足なると、シミ汚れや傷が付きやすくなります。
また、オイルも酸化してオイル本来の役割が果たせなくなります。

定期的に汚れや古い酸化したオイルを落とし、新しいオイルを補充することで革がイキイキしてきます。
数年に一度は、クリーニングしてリフレッシュしてあげるとずっと長く履けます。

当店では、
・汚れ落とし
・オゾン水で手洗い洗浄・・・除菌効果、付着した油汚れの洗浄効果が効果的です。
・オゾン乾燥・・・じっくり整形しながら乾燥します。
・保革・・・オイルを補充してコンディション調整します。
と作業いたします。

ブーツクリーニング
料金:6800円
期間:2週間

 

関連記事

  1. ビジネスシューズのクリーニング

  2. リーガルSHETLANDFOXの銀浮き・塩吹き処置

  3. 【WESCO JOBMASTER】クリーニング・メンテナンス…

  4. 牛革(ステア)のストレートチップの丸洗いと磨き

  5. 中古で買ったブーツをリメイク

  6. 靴磨きとかかと修理